映像のご利用について

 
山陽放送の放送ライブラリーセンターには、大正時代から現在に至るまでの、膨大な資料が保存されています。とりわけ、日本が上昇基調にあった昭和30年代の映像は、いわば今の日本の原風景とも言えるもので、現在の熟年世代が汗を流して歩んできた足跡でもあります。そうした時代の貴重な証言となる映像や音声の多くは一般にご覧頂いたり、ご利用いただいたりすることができます。
ご利用に当たっては、基本使用料、複製料などがかかります。 また、非常に貴重な資料については特別料金が掛かる場合があります。センターまでご相談ください。
  このほか、保管している資料の中には、著作権や肖像権、プライバシーなどの理由からお見せ出来ないものもありますので、あらかじめご了承ください。
フィルム缶 9.5mm映写機
フィルム缶 9.5mm映写機

ライブラリーの料金構成
項 目 ランク※ 放送・
イベント
短編映画 展示映像 映像商品 CM 映画
基本料金
(10秒まで)
A 25.000円 30.000円 50.000円 60.000円 80.000円 150.000円
B 35.000円 42.000円 70.000円 84.000円 112.000円 210.000円
C 50.000円 60.000円 100.000円 120.000円 160.000円 300.000円
追加料金
(11秒からの秒単価)
A 1.200円 1.500円 2.500円 3.000円 4.000円 7.500円
B 2.000円 2.500円 4,200円 5.000円 6.500円 12.500円
C 3.000円 3.600円 6.000円 7.500円 10.000円 18.000円
検索料
5.000円 5.000円 5.000円 5.000円 5.000円 5.000円
試写料
15.000円 15.000円 15.000円 15.000円 15.000円 15.000円
業務費
5.000円 5.000円 5.000円 5.000円 5.000円 5.000円
複製料
下記 下記 下記 下記 下記 下記
抜き取り料(一箇所)
1.500円 1.500円 1.500円 1.500円 1.500円 1.500円


 A →放送後25年未満の一般的な映像
 B →放送後25年以上で40年に満たない映像
 C →40年を超える映像及び貴重な動植物、景観の映像
(注) 時代、年代を問わず決定的シーン及び歴史的、記録的に価値のあるものについては別途価格設定しております。
    お問い合わせ下さい。
    B、C、および特別映像については画像の角にRSKライブラリーセンターのロゴマークを入れさせていただきます。
    すべて税別の料金です。
<例>
※放送後25年未満の一般映像(Aランク)1分使用の場合
基本料金(25.000円)
+追加料金50秒分(1.200×50=60.000円)
+検索料(5.000円)
+試写料(15.000円)
+業務費(5.000円)
+複製料(9.300円)
+抜き取り料(一箇所・1.500円)
=120.800円
複製費
複製長 料金
10分 9.300円
15分 10.200円
20分 11.100円
30分 12.900円
40分 14.700円
50分 16.500円
60分 18.300円
60分以上 20.000円

【お問い合わせ】  RSK 岡山映像ライブラリーセンター
TEL 086-225-8622
E-mail library@rsk.co.jp
 



Copyright(C)1996-2006 SANYO BROADCASTING CO.,LTD All Rights Reserved.